慣性特性データベース )06)日本人アスリートの身体部分慣性特性の推定

文献名

日本人アスリートの身体部分慣性特性の推定

雑誌名

バイオメカニズム11(1992)23-33

著者

阿江,湯,横井

アイテム

M COG I

状態

被験者

サンプル数

男子215 女子80

性別

男女

年齢

男子18−23 
女子18−24

測定年

不明

人種

日本人

測定場所

日本

方法

写真撮影法

生データ

不可
01
(1)セグメント分けの定義
頭部,体幹上部,体幹下部,上腕部,前腕部,手部,大腿部,下腿部,足部の15セグメント

a.頭部−体幹上部
ノド点

b.体幹上部−体幹下部
第10肋骨下端

b.体幹部−上腕部
肩峰

c.上腕部−前腕部
橈骨頭上縁付近

d.前腕部−手部
尺骨茎状突起遠位端と橈骨茎状突起遠位端の中点

e.体幹部−大腿部
大転子上縁の大腿骨頭の中心

f.大腿部−下腿部
立位時の膝蓋骨中点レベルの脚前後幅の中点

g.下腿部−足部
内果下端レベルの外果と内果の中点

(2)部分長の定義

a.頭部
頭耳高(頭頂から耳珠までの距離)

b.体幹部
胸骨上縁と両大転子の中点を結ぶ線分の長さ

c.体幹上部
胸骨上縁と両肋骨下縁の中点を結ぶ線分の長

d.体幹下部
両肋骨下端の中点と両大転子の中点を結ぶ線分の長さ

d.足部
つま先からの比
(3)回帰式等のモデル
質量中心は部分長に対する比の平均値を算出
質量慣性モーメントは部分長と体重を独立変数とした重回帰式により予測.
(4)精度検証
体重の実測値とモデルからの推定体重を比較
→平均誤差 男子2.1±1.3% 女子1.9±1.4%
重心測定版による身体重心高の測定値との比較
→平均誤差 男子0.9±0.8% 女子1.5±0.9%