慣性特性データベース )03)Anthropometric Relationships of body and body segment moments of inertia

文献名

Anthropometric Relationships of body and body segment moments of inertia

雑誌名

AFAMRL-TR-80-119

著者

J.T. McConville

アイテム

V COV I PAI(慣性主軸)

状態

被験者

サンプル数

31

性別

年齢

27.45±5.64才

測定年

不明

人種

不明

測定場所

アメリカ

方法

写真撮影法

生データ

不可
体節の解剖学的座標系の定義

体節の解剖学的座標系の決定方法

(1)三点の解剖学的特徴点を結ぶ面を構築
(2)二点の解剖学的特徴点を含み(1)の面に直交する面を構築
(3)一点の解剖学的特徴点を含みかつ(1)及び(2)の面に直交する面を構築

この三つの面が交わる点を座標系原点とし,+Xは体に対して前方向き,+Yは左向き,+zは上向きとする.

a.頭部

・XY面
左右の耳珠点と右の眼窩点を通る面
・YZ面
左右の耳珠点を通りXY面に直交する面
・XZ面
鼻深点を通り,XY及びYZ面に直交する面

b.頚部

・XZ面
のど仏と頚椎点と胸骨上点を通る面
・XY面
右の鎖骨点(鎖骨の内側上縁でもっとも隆起した部分)と頚椎点の中間の点と左の鎖骨点と頚椎点の中間の点を通り,XZ面に直交する面
・YZ面
頚椎点を通りXZ面とXY面に直交する面

c.胸部

・XZ面
胸骨上点と頚椎点と第10肋骨の高さの脊椎の中心を通る面
・YZ面
頚椎点と第10肋骨の高さの脊椎の中心を通り,XZ面に直交する面
・XY面
第10肋骨の高さの脊椎の中心を通り,XZ面とYZ面に直交する面

d.腹部

・XY面
左右第十肋骨とその高さの脊椎の中心を通る面
・YZ面
左右第十肋骨を通りXY面に直交する面
・XZ面
第10肋骨の高さの脊椎の中心を通り,XZ面とYZ面に直交する面

e.腰部

・YZ面
左右上前腸骨棘点と恥骨結合点を通る面
・XY面
左右上前腸骨棘点を通りYZ面に直交する面
・XZ面
上前腸骨棘点と同じ高さの脊椎の中心を通り,YZ面とXY面に直交する面

f.左右上腕

・YZ面
肩峰点と左右の上腕骨上顆を通る面
・XZ面
肩峰点と外側上顆を通りYZ面に直交する面
・XY面
肩峰点を通り,YZ面とXZ面に直交する面

g.左右前腕,左右前腕+手

・YZ面
橈骨点と尺骨茎状突起遠位端と橈骨茎状突起遠位端を通る面
・XZ面
橈骨点と尺骨茎状突起遠位端を通りYA面に直交する面
・XY面
橈骨点を通りYZ面とXZ面に直交する面

h.左右手

・YZ面
指先点と第二及び第4中手骨指関節外側面を通る面
・XY面
第二及び第4中手骨指関節外側面を通りYZ面に直交する面
・XZ面
第三中手骨を通り,YZとXY面に直交する面

i.左右大腿,左右大腿骨骨頭部,左右大腿−大腿骨骨頭部

・YZ面
転子点と左右大腿骨外側上顆を通る面
・XZ面
転子点と大腿骨外側上顆を通り,YZ面に直交する面
・XY面
転子点を通りYZ面とXZ面に直交する面

j.左右下腿

・YZ面
脛骨点と内果端点と外果を通る面
・XZ面
脛骨点と内果端点を通りYZ面に直交する面
・XY面
脛骨点を通り,YZ面とXZ面に直交する面

j.左右足

・XY面
第一及び第五中足骨関節と踵骨後部を通る面
・XZ面
第二指先端と踵骨後部を通りXY面に直交する面
・YZ面
第一中足骨関節を通りXY面とXZ面に直交する面