慣性特性データベース )09)Inertial Properties of the Human Trunk of Males Determined from Magnetic Resonunce Imaging

文献名

Inertial Properties of the Human Trunk of Males Determined from Magnetic Resonunce Imaging

雑誌名

Annals of Biomedical engineering Vol.22 (1994) 692-706

著者

D.J.Pearsall,J.G.Reid

アイテム

D COG M I

状態

被験者

サンプル数

26

性別

年齢

40.5±14.4

測定年

不明

人種

白色人種

測定場所

カナダ

方法

MRI

生データ

不可

慣性モーメント

・身長,体重を独立変数として重回帰式を算出
・各体節の座標系は質量中心位置を原点とし,前額軸(左右軸)をX軸,矢状軸(前後軸)をY軸,長軸をZ軸と定義

注)
 ・単位系は慣性モーメントg・cm2,身長cm,体重kgである.
 ・算出される慣性モーメントの単位はg・cm2なのでkg・m2に換算するためには107で割る必要がある.


例)体幹部のX軸周り慣性モーメント(g・cm2)=-6.09×106-8.74×103×身長(cm)+3.23×105×体重(kg)