人体寸法データベース > 個別データが入手可能な資料
個別データが入手可能な資料

JP02|人間生活工学研究センター|日本人の人体計測データ '92-'94
集団対象項目数計測年
日本人 7-90歳以上34,000人 178項目 1992-1994
文献
日本人の人体計測データ '92-'94。人間生活工学研究センター。
コメント
統計量がのった報告書は人間生活工学研究センターより販売。左右ある項目は左側を計測。178項目中、87項目は形状スキャナで計測。ただし、形状スキャナから得た寸法が手計測による寸法と一致するかどうかは検討されていない。個別データを有料で入手可能。
Webアドレス
http://www.hql.or.jp/gpd/jpn/www/hum/indexdb.html
統計データが入手可能な資料・日本


JP04|
集団対象
日本人 (A) 60歳以上男女100名 (B) 60歳以上男女200名 (C) 60歳以上男女200名
項目数計測年
(A) 全身100項目 (B) 全身129項目 (C) 身長、体重、頭部13項目 (A) 2000-2001 (B)・(C) 2001-2002
文献
(A) 2001:平成12年度 高齢者対応基盤整備研究開発 第I編 データベース整備(寸法・形態特性)(社)人間生活工学研究センター。
(B)、(C) 2002:平成13年度 高齢者対応基盤整備研究開発 第I編 データベース整備(寸法・形態特性)(社)人間生活工学研究センター。
コメント
(A)、(B) の全身項目の一部は手計測と同等の値が得られることを確認したうえで、3次元形状計測装置から取得。頭部はすべて手計測による。左右ある項目は右側を計測。通産省によるミレニアム事業の一環。以下のページで統計量を公開。個別データも有償(手数料程度)で入手可能。
Webアドレス
http://www.hql.jp/gpd/jpn/www/>データベース>高齢者対応機器の設計のための高齢者特性の解明に関する調査研究(高齢者対応基盤整備事業)>同意書に同意する>実計測データベース
統計データが入手可能な資料・日本


JP06|
集団対象項目数計測年
日本人 18-29歳男女各100名、60歳以上男女各50名 49項目 1997-1998
文献
河内まき子・持丸正明、2000:人体寸法データベースについて。くらしとJISセンター研究報告集、4:46-53. 河内まき子・持丸正明、2000:人体寸法データベース。ヒューマンインタフェース学会誌、4:252-258.
コメント
左右ある項目は右側を計測。調査概要、統計量、個別データをCD-Rによる無償配布中。以下のWebページに申込み方法が掲載されている。
Webアドレス
http://www.dh.aist.go.jp/index.htm.ja>人体寸法データベース
統計データが入手可能な資料・日本


US01|
集団対象
アメリカ人 (A) 乳児〜子供(0-13歳)、約3,000名
(B) 乳児〜子供(2-18歳)、3,900名
項目数計測年
(A) infant(0-2歳)は37項目、子供(2-13歳)は36項目
(B) 0-2歳は34項目、2-18歳は85項目
(A) 1975 (B) 1977
文献
(A) Physical Characteristics of Children As Related to Death and Injury for Consumer Product Design and Use. UM-HSRI-BI-75-5 Final Report Contract FDA-72-70 May 1975
(B) Anthropometry of Infants, Children, and Youths to Age 18 for Product Safety Design. UM-HSRI-77-17 Final Report Contract CPSC-C-75-0068 May 1977 .
コメント
左右ある項目は右側を計測。(A)の報告書は下記Webページより閲覧可能。(A)、(B)とも立位と座位での重心位置も計測されている。下記Webページより、(B)の個別データをダウンロード可能。
Webアドレス
http://www.itl.nist.gov/iaui/ovrt/projects/anthrokids/
統計データが入手可能な資料・米国・各国


US02|
集団対象項目数計測年
アメリカ人 18-65歳男女2,375名 38項目 1998-2000
文献
報告書(CD-R)は、下記Webページより有料で入手可能。
コメント
CAESAR(Civilian American and European Surface Anthropometry Resource)プロジェクトの結果。下記Webページ(A)より報告書を有料で入手可能。手計測項目と3次元形状計測装置から得た寸法がある。手計測項目は、左右ある項目は右側を計測。形状データも有料で入手可能。データの入手についてはWebページ(A)を参照。計測法項目、ランドマーク位置などについてはWebページ(B)を参照。
Webアドレス
(A) http://www.sae.org/technicalcommittees/caesarhome.htm#3dna
(B) http://www.hec.afrl.af.mil/HECP/Card4.shtml
統計データが入手可能な資料・米国・各国


MS02|
集団対象項目数計測年
各国 成人 調査により異なる 1946-1990
文献
各調査の報告書が出版されているはずだが、古いものが多く、入手困難と思われる。
コメント
下記、米国Human Systems Information Analysis Center のWebページ。1990年以前に計測された米国軍人のデータ、英国、カナダ、オーストラリア、イラン、ドイツ、ベトナム、NATO軍、ラテンアメリカ諸国の軍人のデータ、スチュワーデスなど一般人のデータを公開。各調査につき、データ、調査概要、項目定義の3つのファイルをダウンロード可能
Webアドレス
http://iac.dtic.mil/hsiac/index.htm>producs>Anthropometric Data Sets
統計データが入手可能な資料・米国・各国


△go to page top