Top > 足入れの良い革靴プロジェクト・実証事業報告会[東京会場]

足入れの良い革靴プロジェクト・実証事業報告会[東京会場]


開催にあたって


経済産業省と一般社団法人 日本皮革産業連合会(以下、皮産連)とが連携し「足入れの良い革靴プロジェクト」を推進しています。このプロジェクトでは、低価格品とブランド品の流入及び少子化といった市場環境に対抗すべく、履き心地が良く、歩きやすく、美しく、靴に起因する足のトラブルが少ない「Made in Japan ブランドの革靴」の確立を目指しています。

その一環として、独立行政法人 産業技術総合研究所デジタルヒューマン工学研究センター(以下、産総研)は、このプロジェクトにおいて「科学的な証拠に基づく靴型の設計指針づくり」を2011年度から3年間、受託研究として担当し、日本人の足形状や歩行パターンに適合する革靴製造のための靴型の研究開発を進めてきました。

産総研では、この研究成果物である靴型を用いて革靴を製造し、期間限定で試験的に販売実証を行う事業者グループを公募いたしました。株式会社 三越伊勢丹ホールディングスらのグループが採択され、去る3月5日?25日までの期間、伊勢丹新宿店において婦人革靴の試験販売を実施しました。また、同期間、皮産連の銀座 革のショールーム「TIME & EFFORT」でも説明展示を行い、来場者の方に試し履きをしていただきました。来場者が希望される場合には、受注形式で手に入れていただけるようにいたしました。

報告会では、販売実証事業の概要と実績、店員のコメントやお客様の声をご紹介しながら、研究成果である靴型に基づく革靴が、市場にどのように受けとめられたのかを総括いたします。

このシンポジウムは、革靴のメーカーだけでなく、素材、部品に関連する企業の方々、卸売、小売、百貨店、量販店の方々、教育機関の方々、スポーツシューズ関連企業の方々など履物に関連する幅広い関係者の方々に御参加いただきたく企画いたしましたので、是非ご参加ください。

独立行政法人 産業技術総合研究所

デジタルヒューマン工学研究センター センター長

持丸 正明

開催概要

東京会場

  日 時 : 2014年4月17日(木) 14:00-16:30(受付開始13:30)
  場 所 : 皮革健保会館 6階会議室
      東京都台東区駒形1-12-13
      都営浅草線浅草駅A1,A2出口から徒歩約1分
      交通アクセス
  定 員 : 90名、参加費:無料
  主 催 : 独立行政法人 産業技術総合研究所 デジタルヒューマン工学研究センター
  共 催 : 一般社団法人 日本皮革産業連合会
プログラム

  13:30 開場  
  14:00-14:10 開会挨拶  
  14:10-14:40 研究と販売実証事業の概要 (独)産総研 デジタルヒューマン工学研究センター 研究センター長 持丸 正明
  14:40-15:00 革靴製造工程の品質管理 前・(独)産総研 デジタルヒューマン工学研究センター 協力研究員 元田 真吾
  15:00-15:20 休憩  
  15:20-15:40 販売実証事業の実績と考察 (独)産総研 デジタルヒューマン工学研究センター 招聘研究員 河内 まき子
  15:40-16:10 ガイドライン・認証と今後 (独)産総研 デジタルヒューマン工学研究センター 研究センター長 持丸 正明
  16:10-16:30 質疑応答  


ダウンロード

  足入れの良い革靴プロジェクト・実証事業報告会開催のお知らせ
PDF形式、192KB
 
研究と販売実証事業の概要 持丸 正明 PDF形式、7.7MB
革靴製造工程の品質管理 元田 真吾 PDF形式、6.5MB
販売実証事業の実績と考察 河内 まき子 PDF形式、6.0MB
ガイドライン・認証と今後 持丸 正明 PDF形式、6.9MB


問い合わせ先: 独立行政法人 産業技術総合研究所 デジタルヒューマン工学研究センター
住  所: 135-0064 東京都江東区青海2-3-26 独立行政法人 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 本館
電  話: 03-3599-8194, 8201
ファックス: 03-5530-2066
メ ー ル: shoes-sympo-ml@aist.go.jp