Activity

デジタルヒューマン・シンポジウム2014

デジタルヒューマン・シンポジウム2014は終了いたしました。
多数の皆様のご来訪、誠にありがとうございました。

第13回デジタルヒューマンシンポジウムのテーマは、「生活機能変化に適応する社会:課題解決エコシステムとテクノロジー」です。 子ども、女性、高齢者、障害者といった多様な機能変化がある人々が、安全に生活でき、その能力が最大限惹きだされる「生活機能変化適合社会」の創造が求められています。 一方、コミュニティ全体や個々の生活にかかわる様々なデータを取得・分析・共有する技術や、生活のリデザインのためのアシスト技術の開発が進んでいます。 本シンポジウムでは、社会問題解決型経済(Solution Economy)の研究者、実際に地域と協働で課題解決を実践してきた非営利団体など第一線で活躍中の研究者、チェンジメーカーを迎え、生活機能変化適合社会の実現に向けたアプローチや具体的な方法論を議論します。 シンポジウム終了後には、デジタルヒューマン研究センターのオープンラボもあり、最新の研究成果の発表も行われます。

新着情報

開催概要

テーマ:  Societal solution and technology for adapting human living function change
日時: 2014年3月7日(金) 10:00~
場所: 
参加費: 無料
主催:  独立行政法人 産業技術総合研究所 デジタルヒューマン工学研究センター(DHRC)
共催: (未定)

プログラム

講演順、講演タイトル等は変更される可能性がございます。

09:30開場・受付開始
10:00~10:15 開会挨拶
持丸正明 (デジタルヒューマン工学研究センター センター長)
10:15~11:05 招待講演1
「The Solution Revolution」
Paul Macmillan (Global Industry Leader, Public Sector, DTTL)
11:05~11:55 招待講演2
「Working Together To Keep All Kids Safe From Preventable Injures」
Kate Carr (President and CEO, Safe Kids Worldwide)
11:55~13:10昼食
13:10~14:00 招待講演3
「近未来の健康増進社会の実現に向けて ―運動空間創成というアイデア―」
伊坂忠夫 (立命館大学スポーツ健康科学部 副学部長/教授)
14:00~14:20 研究発表1
「生活系ビッグデータに基づく使用価値の高い製品・サービス設計」
Product Design Focusing On “Value In Use” Based On Living Data Through Services
持丸正明 (デジタルヒューマン工学研究センター)
14:20~14:40 研究発表2
「コミュニティ参加型研究アプローチによる子どもの傷害予防」
Childhood Injury Prevention by Community Based Participatory Research Approach
山中龍宏 (Safekids Japan)
14:40~14:55Coffee Break
14:55~15:15 研究発表3
「確率潜在意味構造的ヒューマンモデリングによるモノ・コトづくりに向けて」
本村陽一 (デジタルヒューマン工学研究センター/サービス工学研究センター)
15:15~15:35 研究発表4
「身体運動における障害リスクの評価法~ランニング・ウォーキング・サッカーを例に~」
Quantifying the Injury Risk in Running, Walking and Soccer
保原浩明 (デジタルヒューマン工学研究センター)
15:35~15:55 研究発表5
「生活データベースに基づく高齢者の社会参加支援」
Social Participation Support for Old People Based on Living Database
西田佳史 (デジタルヒューマン工学研究センター)
15:55~16:10 閉会挨拶
加賀美聡 (デジタルヒューマン工学研究センター副センター長)
16:10~18:00オープンハウス: DHRC見学会

Top ∆

招待講演

Paul Macmillan (image)

Paul Macmillan

Global Industry Leader, Public Sector, Deloitte Touche Tohmatsu Limited.

Biography
Paul Macmillan grew up in Canada's national capital where he studied Public Administration at Carleton University and received an MBA from the University of Ottawa. He has been a management consultant and strategic advisor to government leaders for over 25 years. As the Global Public Sector Leader for Deloitte Touche Tohmatsu Limited, Paul is responsible for the firm's client service innovation to support public purpose organizations around the world.

  Paul is co-author of the book The Solution Revolution: How business, government, and social enterprises are teaming up to solve society's toughest problems (Harvard Business Review, 2013) with colleague William D. Eggers, Deloitte Global Public Sector Research Director. The book highlights the growing global movement of innovative partnerships and business models that are addressing some of the greatest challenges our society faces today.

  The Wall Street Journal called The Solution Revolution “pulsating with fresh ideas about civic and business and philanthropic engagement”. The book also topped a number of “Best of” reading lists including the Washington Post and Business Digest.

Abstract
Government budgets and resources no longer determine the full reach of societal problem solving. We are witnessing a step change in how society deals with its own problems?a shift from a government-dominated model to one in which government is just one player among many. A dizzying number of players have entered the societal problem solving arena. They operate within what we call the Solution Economy. These innovators are closing the gap between what governments provide and what citizens need.

  Multi-billion-dollar markets are forming around some of the world's toughest problems, from fighting malaria to providing low-cost housing to educating the poorest of the poor. In these solution markets businesses, social entrepreneurs, nonprofits, and multinational companies compete, coordinate, and collaborate to solve mega problems. Instead of fixing a market failure, they create a market for the solution.

  Understanding how the Solution Economy works and where best to play will dramatically improve society's ability to address our toughest problems.

Website: www.solutionrevolutionbook.com

Kate Carr (image)

Kate Carr

President and CEO, Safe Kids Worldwide.

Biography
Kate Carr serves as the President and Chief Executive Officer of Safe Kids Worldwide, a global network of organizations dedicated to preventing unintentional childhood injury, the leading cause of death and disability to children ages 1 to 19. Twenty-three member countries and more than 600 coalitions and chapters across the U.S. bring together health and safety experts, educators, corporations, foundations, governments and volunteers to educate and protect families.

  Prior to joining Safe Kids Worldwide in October 2011, she served as Managing Director of Malaria No More and played a lead role in resource mobilization and expansion of programmatic activities in Africa. Kate's experience in leading worldwide organizations includes the Elizabeth Glaser Pediatric AIDS Foundation where, as President and CEO, she expanded the Foundation's work beyond the United States and promoted global education, awareness and compassion about children with HIV/AIDS. She also established the Glaser Pediatric Research Network to support clinical research beyond HIV/AIDS in children. Kate also served as President and CEO at Accelerate Brain Cancer Cure (ABC2) and focused efforts on collaborative support for translational research in brain cancer.

  Kate's political experience includes serving as Special Assistant to the President, Office of Public Liaison at the White House and working on multiple local, state and national campaigns.

Abstract
All parents share the hope that their children will grow up to pursue their dreams and fulfill their potential. Yet, around the world nearly one million children die from a predictable and preventable injury annually. Millions more are severely injured, often sustaining life-long injuries.

  It does not have to be this way. Injuries as a result of road traffic, fires and burns, drowning, falls, poisonings and more can be avoided with simple education, behavior change, legislative action, enforcement and environmental improvements. Focus on child injury prevention must be made a priority on the global agenda in order to reach more families and save the most lives.

  Safe Kids Worldwide is dedicated to keeping all kids safe from preventable injuries.

  Our network is comprised of more than 600 coalitions in the United States and 27 independent member organizations around the world that implement child injury prevention programs. Member organizations learn from each other, sharing knowledge, resources and best practices to further advance effective programs in each country.

Website: http://www.safekids.org/

伊坂忠夫 (image)

伊坂忠夫

立命館大学スポーツ健康科学部 副学部長/教授

略歴
<学歴>
1985年3月 立命館大学産業社会学部産業社会学科卒業
1985年4月 日本体育大学大学院体育学研究科修士課程入学
1987年3月 同上 修了
1999年7月  博士(工学, 立命館大学)
学位論文名: 多リンク機構特性に基づく身体運動の計測と解析
<職歴>
1987年4月~1990年3月  日本体育大学体育研究所助手
1990年4月~1991年3月  日本体育大学体育専攻科非常勤助手
1991年4月~1992年3月  日本体育大学非常勤講師
1992年4月~2003年3月  立命館大学理工学部助教授
1995年4月~1996年3月  ジョージア工科大学客員研究員
2003年4月~2010年3月  立命館大学理工学部教授
2004年9月~2005年9月  テキサス大学客員研究員
2010年4月~ 立命館大学スポーツ健康科学部教授
2010年4月~ 立命館大学スポーツ健康科学部副学部長
<社会活動など>
1993年4月~ (社)日本ウエイトリフティング協会スポーツ医科学委員会 委員
2007年2月~ YMFSスポーツチャレンジ助成審査委員
2007年4月~ 特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会 参与
2007年11月~ 日本トレーニング科学会理事
2009年4月~ 財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団 理事
2009年9月~ 日本体力医学会 評議員
<受賞等>
1994年3月 トレーニング科学研究会賞 受賞
2008年12月 SI2008優秀講演賞 (第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会)
2011年11月 第24回日本トレーニング科学会大会 「トレーニング科学研究賞大賞」

講演概要
日常生活改善に伴う生活習慣の改善、身体活動による健康寿命の延伸、子どもの健全な発達を支えるシステムが、これからの日本の持続的発展ならびに「健康増進社会」の実現に向けて必要であるといえる。 また、運動を集団実践する組織ならびに空間は、いわゆる“賑わい”をもたらし、絆を深め、地域コミュニティを活性化させるといえる。 現在スタートした我々のプロジェクトは、「運動空間」をうまく創成することで、「健康づくり」、「コミュニティの形成」そして「安全・安心のまちづくり」を実現することを考えている。 講演では、現時点でのアイデアを提案し、近未来の健康増進社会の実現へ向けて、関心のある方々と議論を深めたい。

事前参加登録

シンポジウム当日は受付開始から開会までの時間が短いため、受付は混雑が予想されます。 当日の受付を円滑に行なうため、参加をご希望の方には事前登録をお願いしておりますのでご協力をお願いいたします。

事前登録受付は終了しました。

なお、事前登録されていない方でも当日受付していただくことでご参加いただけますが、お名前等をご記入いただくため多少余計にお時間がかかります。

Web事前登録に関するお問い合せは、堀俊夫([javascript protected email address])までご連絡ください。 また、それ以外のお問い合せは、デジタルヒューマン・シンポジウム事務局([javascript protected email address])までご連絡ください。

Top ∆