Top > 活動状況 > ワークショップ > 「人間中心デザインガイドライン」合同ワークショップ

Activity

「人間中心デザインガイドライン」合同ワークショップ

ワークショップ開催再決定のお知らせ
2011年3月11日(金)に発生しました「東北地方太平洋沖地震」の影響により本シンポジウムの開催を一旦見送っておりましたが、日程を改めて開催することとなりました。 お手数をおかけしますが、以前に参加申込みをされた方を含め、参加ご希望の方は下記「参加方法」記載のメールアドレスまでご連絡くださいませ。

人間工学を基盤として、人にやさしく安全で、幅広いユーザに使いやすく設計された製品・サービスが徐々に普及してきています。 一方で、その安全性や有益性の品質はまちまちであり、消費者が選択に迷ったり、せっかく購入しても十分に機能せずに信頼性を損ねたりするケースが出始めています。 消費者に正しい選択を促し、それによって人間中心デザイン製品・サービスの市場を形成することで、安全で幅広いユーザの使用性を考慮した製品・サービスを普及させ、より良い社会を構築するためには、人間中心デザインの品質管理が不可欠です。

このような時代の要請を受け、人間工学を基盤とした製品・サービスデザインに関わる3団体[人間生活工学研究センター(HQL),キッズデザイン協議会(KDA),共用品推進機構(ADFJ)]と産業技術総合研究所は、それぞれ、人間中心デザインの品質管理を目指したガイドラインや認証、その標準化の活動を推進しています。 この合同ワークショップは、そのような団体と関係者が一堂に会して、それぞれの立場から人間中心デザインの品質管理に対する活動、課題、期待について議論し、意識の共有を目指すものです。

新着情報

開催概要

参加方法

電子メールにて御所属,御芳名を明記の上,メールアドレスまでご参加の旨、ご連絡ください。

プログラム

※詳細は変更する可能性がございます。

■ 第一部:関連4団体の活動概況(司会:産総研 倉片 憲治)

10:00-10:10 開会挨拶
産総研 臨海副都心センター所長 八木 康史
10:10-10:30 人間中心デザインガイドラインの構想
産総研 持丸 正明 センター長
10:30-10:50 人間生活工学の製品認証について
HQL・パナソニック電工 山村 彰 氏
10:50-11:10 キッズデザインガイドラインの取り組み状況
KDA・森ビル 宮本 楽 氏
11:10-11:30 アクセシブルデザインについて
ADFJ・タカラトミー 星川 安之 氏
11:30-13:00昼休み

■ 第二部:人間中心デザインの品質管理時代に向けて(司会:産総研 倉片 憲治)

13:00-13:10 来賓挨拶
経済産業省デザイン政策室長 佐々木 啓介 氏
13:10-13:30 招待講演1
人間工学会JENC
日本大学 青木 和夫 教授
13:30-13:50 招待講演2
人間工学会アーゴデザイン部会
富士通デザイン 上田 義弘 氏
13:50-14:10 招待講演3
IAUD国際ユニヴァーサルデザイン協議会
リコー 小島 文代 氏
14:10-15:10 パネルディスカッション
モデレータ:産総研 持丸 正明
パネリスト:関係団体の工業デザイナ、ビジネス企画、研究者、行政担当者など
  • KDA・コクヨファニチャー 馬郡 恵子 氏(キッズデザイン×商品企画)
  • HQL・デルフィス 堀内 仁 氏 (人間生活工学×カスタマコミュニケーション、広告)
  • 産総研・日本女子大学 佐川 賢 教授 (アクセシブルデザイン×研究者)
  • 人間工学会・富士通デザイン 上田 義弘 氏 (人間工学×工業デザイン)
  • 日本ユニバーサルデザイン研究機構 上野 清彦 氏 (ユニバーサルデザイン×認証)
15:10-15:20 閉会挨拶
産総研 イノベーション推進本部 国際標準推進部部長 松田 宏雄