国立研究開発法人 産業技術総合研究所
人間情報研究部門
Human Informatics Research Institute
産業技術総合研究所のトップページへ
人間情報研究部門のトップページへ
Top > 【人間情報研究部門】シンポジウム > Symposium on Human Informatics (SHI) 2017

【人間情報研究部門】シンポジウム

開催終了のご報告

人間情報研究部門シンポジウム(SHI2017)は、多数のご参加をいただき盛況のもと開催いたしました。 オープンハウス(ポスターセッション)においても熱心なご質問・ご意見をいただきました。 また、ラボツアーにも多数のご参加ありがとうございました。
ご参加いただいた皆様に感謝申し上げます。

Symposium on Human Informatics (SHI) 2017

第3回産総研・人間情報研究部門シンポジウム(SHI2017)のテーマは「超多様化社会に向けた標準・認証・制度つくり:モノ中心から人間中心への動き」です。 標準は、モノの互換性を担保するための合意という枠組みを超え、国際市場でビジネスをするための産業ルールとなり、社会をより良く変えるための方策ともなっています。 モノやサービスの性能評価方法や、組織経営プロセスに至るまで、さまざまなものが標準として策定されています。 そして、その標準に準拠しているかどうかを認証をする制度も同時に作られるようになっています。 これらの標準や認証に、早い段階から関与することは、競争のルール設計に関与することであり、他人の土俵で相撲を取らないようにするための重要な戦略です。

さて、高齢化、少子化、国際化により、日本に暮らす人々の多様性は今までになく大きなものとなっております。 そのような多様性への対応は大きなビジネス機会であり、また、社会貢献でもあります。 人間特性の多様性を知り、モノやサービスを駆使してそれに対応していく、まさしく人間中心の思想がこの対応策の原点です。 人間情報研究部門のメンバーは、人間中心思想に基づく人間計測、モノやサービスの品質評価、さらには、それを推進する組織経営のガイドラインにかかる標準策定に関わっています。

シンポジウムでは、多様化社会における弱者−子ども、高齢者、障害者の生活安全、利便、健康を支えるための標準や、それに基づく認証制度を紹介して参ります。 さらに、新しい動向として、従業員の労働の品質評価、サービスの品質評価などの標準化についても俯瞰します。 また、最新のVR・ARが、ユーザである人間に与えるさまざまな影響や効果を標準化していく動きについて、パネルディスカッションで意見交換をいたします。

日頃、製品開発に関わっておられる方々は、標準は画一的基盤であって付加価値や差別化とは無縁である、と考えておられるかも知れません。 それは、やや古い標準の捉え方です。今、先駆的な思想が標準として策定され、そのルールの上で先駆的な思想で製品開発を進める企業が国際的に活躍する時代になっています。 企業が人間中心設計で付加価値化と差別化を進めているのであれば、まさに、その人間中心思想に基づく標準化の最前線を知り、そのルール設計に関与することが肝要です。 技術で勝って、競争ルールで負けることの無いよう、是非ともこのシンポジウムに参加いただき、最新の動向を把握いただければと思います。 今回は、つくば開催です。昼休みには、つくばの研究室見学とのポスターセッションを用意いたしました。 研究者と個別にディスカッションいただきながら、人間情報研究最前線を知っていただければと思います。 お忙しい時期と存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加いただければ幸いです。

情報・人間工学領域 人間情報研究部門 部門長 持丸正明

更新情報

開催概要

テーマ: 超多様化社会に向けた標準・認証・制度つくり:モノ中心から人間中心への動き
日時: 2017年9月26日(火) 10:00~17:40 (受付開始 9:30)
場所:  国立研究開発法人 産業技術総合研究所 つくばセンター 共用講堂
(産総研つくばセンター(つくば中央サイト) 交通案内のページ)

【開催日の交通案内】
当日はTXつくば駅から産総研の会場まで朝・夕に臨時バスを運行いたします。
乗り場とバスの時刻については「臨時バス時刻表」をご覧ください。
 
参加費: 無料
主催:  国立研究開発法人 産業技術総合研究所 情報・人間工学領域
後援:  (一社)日本人間工学会
PDRベンチマーク標準化委員会
サービス学会

プログラム

プログラムの構成は変更になる場合があります。

昼食休憩時のオープンハウス(ポスター/デモ発表)およびラボツアーの内容はページ下にございます。

9:30開場・受付開始
10:00~10:05開会挨拶
関口 智嗣 (産総研 理事, 情報・人間工学領域 領域長)
セッション1 「Human Centered Organizationのススメ」
10:05~10:35講演
「超多様化社会に応える人間中心思想をモノからサービス、そして組織経営へ」
持丸 正明 (人間情報研究部門 研究部門長)
セッション2 「キッズデザインで創る生活安全価値」
10:35~11:00招待講演2
「キッズデザインガイドラインと認証の取り組み」
杉山 智康 様 (特定非営利活動法人キッズデザイン協議会)

(3,157,646 bytes)
11:00~11:25研究講演2
「社会問題を産業に変換する試みとしてのキッズデザイン: データ・知性・課題遍在時代のイノベーション」
西田 佳史 (産総研 人工知能研究センター 研究チーム長)
11:25~13:30昼食休憩, オープンハウス, ラボツアー
セッション3 「アクセシビリティ配慮への期待と普及」
13:30~13:55招待講演3
「アクセシブル・デザインの標準化 —玩具業界における課題と可能性—」
高橋 玲子 様 (株式会社タカラトミー)
13:55~14:20研究講演3
「高齢者障害者配慮規格の技術基盤構築」
伊藤 納奈 (人間情報研究部門 主任研究員)
セッション4 「効率からQuality of Workへ」
14:20~14:50招待講演4-1
「100年ライフ時代の人が主役となる新たなものづくり~労働価値の変換と経済成長に向けて~」
岩井 匡代 様 (三菱電機株式会社)
14:50~15:20招待講演4-2
「製造現場における生体計測の応用可能性とQoW指標への発展」
三宅 秀之 様 (大日本印刷株式会社)
15:20~15:30休憩
セッション5 「サービス標準化の国内外動向」
15:30~15:50招待講演5-1
「標準化と新たな基準認証の在り方について」
藤代 尚武 様 (経済産業省 産業技術環境局)

(899,957 bytes)
15:50~16:15招待講演5-2
「シェアリングエコノミーの現状とその展望~共同規制による認証制度の仕組み~」
石原 遥平 様 (株式会社スペースマーケット)

(3,227,937 bytes)
16:15~16:35研究講演5-1
「観光サービスの問題意識と標準化」
山本 吉伸 (人間情報研究部門 主任研究員)
16:35~16:45休憩 (ワークショップ準備)
16:45~17:55ワークショップ
「AR・MR・VRの標準化: 技術の未来と人との共生のために」
(モデレータ: 持丸部門長)
17:55~18:00閉会挨拶
谷川 民生 (人間情報研究部門 副研究部門長)

Top ∆

講演概要

講演概要は受領したものから順次掲載いたします。

講演/招待講演

持丸 正明

人間情報研究部門 研究部門長

講演概要
「超多様化社会に応える人間中心思想をモノからサービス、そして組織経営へ」
(TBA)

杉山 智康 様

特定非営利活動法人キッズデザイン協議会

講演概要
「キッズデザインガイドラインと認証の取り組み」
子どもを取り巻く生活環境・社会環境が目まぐるしく変化する中、デザインを通じて、次世代を担う子どもが、安全・安心に、そして創造性豊かに暮らせる社会の実現を目指すキッズデザイン。 本講演では、製品・環境・サービスの開発における、キッズデザインの考え方に基づいた安全性の確保のための標準化、認証の取り組みをご紹介する。

高橋 玲子 様

株式会社タカラトミー

講演概要
「アクセシブル・デザインの標準化 —玩具業界における課題と可能性—」
目や耳の不自由な子どもたちも楽しめるように配慮された一般市場向けのおもちゃを、私たち玩具業界では「共遊玩具」と名付け、四半世紀にわたりその開発推進と普及活動に努めてきました。 日本玩具協会が事務局となり、大手玩具メーカー六社(2017年9月現在)により運営される「共遊玩具推進部会」によって認められたおもちゃには、そのパッケージに「盲導犬」や「うさぎ」のマークを表示することが推奨されています。
現在この活動への参加企業は18社。「共遊玩具」であるか否かを判断し「マーク」の表示を推奨するためには、客観的な評価基準をもたなければなりません。 おもちゃにはさまざまな種類があり、必要な配慮ポイントも多岐にわたります。 そのような中にあって、なにをもって「共遊玩具」とするのか、玩具業界が経験してきた標準化の困難と解決策事例を、一企業に身を置く一障害当事者の立場から他業界の専門家の方々と分かち合うことができればと思います。

岩井 匡代 様

三菱電機株式会社

講演概要
「100年ライフ時代の人が主役となる新たなものづくり~労働価値の変換と経済成長に向けて~」
産業競争力懇談会(COCN)の推進テーマとして現在当社主管で17社(公的研究機関含む)約60名が参画し、ものづくり産業の経済成長と産業基盤としての労働力拡充対策について議論しております。 本講演では特に、多様な市場ニーズに応えるために変種変量生産への生産方式の展開において改めて重要になる「人」について、各人が安心して、能力を発揮し、学び続けることで強固な産業基盤を築くためのしくみについてご紹介します。 具体的には、健康、働きやすさ、働きがいの状態を統合的に評価し、経済成長と各人の健康、働きやすさ、働きがいが拡大する労働環境を維持向上するQoW指標の理論~評価法確立に向けた取組みを紹介する。

【関連資料】
 「人」が主役となるあらたなものづくり~活力ある高齢化社会に向けて~ (産業競争力懇談会 2016年度 プロジェクト最終報告)

三宅 秀之 様

大日本印刷株式会社

講演概要
「製造現場における生体計測の応用可能性とQoW指標への発展」
ものづくり産業が直面する課題、すなわち国際競争の激化、国内生産人口の減少、熟練技能者の高齢化・後継者不足等に対応し、産業競争力を強化するため、これまで以上に「人」を活用することが求められる。
競争力の源泉である高い生産性の実現には、各個人の能力が十分引き出せる状態の確保が重要である。 今回は生体計測の社会実装例として、(1)製造現場で働く人々の活動データから生産職場の工程特性を解析し、職場資源の配分へ応用した事例、更には(2)生体計測データを含めた労働者に関する様々な情報を集積し、多様な人材を活用するための指標QoW (Quality of Work)を確立し、豊かな社会を実現する構想、等を紹介する。

【関連資料】
 「人」が主役となるあらたなものづくり~活力ある高齢化社会に向けて~ (産業競争力懇談会 2016年度 プロジェクト最終報告)

藤代 尚武 様

経済産業省 産業技術環境局

講演概要
「標準化と新たな基準認証の在り方について」
近年では、モノだけではなく、マネジメント分野、サービス分野、システム分野等の規格が制定されるようになったほか、第4次産業革命の中で自動走行、スマートマニュファクチャリングなど業種を越えた国際標準化が進みつつあり、標準化の対象やプロセスにも変化が現れている。 こうした環境変化を踏まえ、日本の標準化政策及びその体制を大きく転換する時期に来ている。日本企業の国際競争力強化に向けて、市場の優位性獲得のためのルール形成のツールとして標準化をとらえ、官民それぞれが果たすべき役割を認識し、協力して標準化活動を進める必要がある。

石原 遥平 様

株式会社スペースマーケット

講演概要
「シェアリングエコノミーの現状とその展望~共同規制による認証制度の仕組み~」
シェアリングエコノミーにおいては、既知の間柄ではない人同士が連続的に繋がっていくため信頼性確保が重要であり、提供者・利用者相互のレビューシステムが“肝”と言われていることから、シェアリングエコノミー認証制度はいわば人間情報に関する標準・認証の一つのモデルであると考えられ、モノ中心から人中心へと移りゆく現代において重要な試金石になり得る制度である。
近年、AI・シェアリングエコノミー・宇宙ビジネスなど新しい経済圏が連続的に生まれているが、いずれも旧来の製造業とは一線を画し、サービス分野の経済圏の拡大が顕著であり、これらのサービス分野の経済圏に関するルールメイクの方法として、欧州などで進んでいる「共同規制」というソフトローによるアプローチが注目を集めることから、この点についても「シェアリングエコノミー認証制度」の概要を説明しながら紹介する。

Top ∆

研究講演

西田 佳史

産総研 人工知能研究センター 研究チーム長

講演概要
「社会問題を産業に変換する試みとしてのキッズデザイン: データ・知性・課題遍在時代のイノベーション」
従来は個人の努力の問題とされていた社会問題を、その構造を変化させることで、産業界が取り組める課題へと変化させる仕組み作りとそこで必要となるテクノロジーについて、子どもの事故の問題を取り上げて議論する。 1.「社会が解くべき問題集」の作成、2.問題集を活用した製品・サービス開発によるソリューション開発、3.問題とソリューションのパッケージによる魅力化までを一貫させるスマートパイプライン戦略を述べる。 また、この方法論をエコシステム化する試みとして、IoT・ビッグデータ技術、人工知能技術、デジタルヒューマン技術を用いて、現場参加型コデザインアプローチとデータ駆動型アプローチを融合させるスマートリビングラボを紹介する。

伊藤 納奈

人間情報研究部門 主任研究員

講演概要
「高齢者障害者配慮規格の技術基盤構築」
(TBA)

山本 吉伸

人間情報研究部門 主任研究員

講演概要
「観光サービスの問題意識と標準化」
(TBA)

Top ∆

オープンハウス ポスター/デモ発表

昼食時のオープンハウスでは以下のポスター発表、デモンストレーションを予定しています。

研究グループタイトル(*: デモ発表)発表者(*: 代表者)
ニューロテクノロジー研究G 瞬きによる意思伝達装置の開発とそのロボット制御への応用 * 稗田一郎 *、中村美子、長谷川良平
身体適応支援工学研究G 水素吸蔵合金を利用した電源不要な家庭用防災支援ツールの考案 井野秀一 *、細野美奈子、近井学、榊浩司(創エネルギー研究部門)、中村優美子(創エネルギー研究部門)
視覚障害者の移動支援システム実現のための立体音響を利用した対象物提示法の検討 白林潤 *、関喜一、井野秀一、井上拓晃(諏訪東京理科大学)
疑似咀嚼音フィードバック技術と高齢者食事支援への応用 * 遠藤博史 *、金子秀和、井野秀一、藤崎和香(感覚知覚情報デザイン研究G)
運動習慣のない高齢者に対する運動支援手法 細野美奈子 *、井野秀一
運動感覚の提示による学習過程の促進-“手取り足取り”教えたらうまくなる?- 金子秀和 *、長谷川泰久(名古屋大学)
広帯域音響センサを利用した嚥下音の計測技術に関する研究 近井学 *、 関喜一、 遠藤博史、 井野秀一
システム脳科学研究G サル視床痛モデルにおける脳構造の時系列変化 長坂和明
An experimenter-friendly inexpensive eye tracking system using a high frame-rate digital camera 松田圭司 *、河野憲二、竹村文、菅生康子
内包梗塞マカクサルにおけるミクログリアマーカーIba1の発現増加 加藤隼平
ラットマイネルト基底核への電気刺激が誘発する前頭皮質神経活動の解析 渡辺由美子 *、出澤真乃介、長坂和明、高島一郎
Monkeys show the reversed ocular following responses to two-frame movie stimulus presented with inter-stimulus intervals 竹村文 *、河野憲二、三浦健一郎
光による局所的脳破壊技術の開発 仲田真理子 *、長坂和明、下田将之、高島一郎、山本慎也
サービス観測・モデル化研究G ライフスタイル・イノベーションと標準化~デジタル体感のデザイン・製品・サービス化~ 中村則雄
触った感触をデジタルで再現!~3D触力覚テクノロジーを体験しよう~ *
音環境理解を基にした音模様とその応用 河本満
Interactive Shape Fitting for 3D Modeling with Texture Distortion Kalaivani Thangamani
感覚知覚情報デザイン研究G 時短デザインを応用したわかりやすい字幕デザインの標準化 * 大山潤爾
映像酔い・VR酔いの軽減に向けた人間工学的指針の国際標準化 氏家弘裕 *、渡邊洋
人間環境インタラクション研究G 温熱快適性と睡眠環境 森郁惠 *、都築和代
脳機能計測研究G 内包損傷後のサルモデルにおけるfNIRSによる脳機能モニタリング 川口拓之 *、山田亨、松田圭司、肥後範行、加藤準平(筑波大学)
デジタルヒューマン研究G 歩行時足底圧に着目した足部特徴の定量的評価に関する研究 中嶋香奈子
Smart Pedometer多田充徳

Top ∆

ラボツアー

参加ご希望の方々が非常に多いため、当初の定員を見直し以下のラボツアーをご用意させていただきました。

<コースA>
コース名  『脳波のリアルタイム解読技術の開発とその各種産業応用』
~ スマートロボットの制御から認知機能/感性評価まで ~
デモ担当長谷川 良平(人間情報研究部門)
時間割 A-1. 11:30~12:10 (定員30名)
A-2. 11:50~12:30 (定員30名)
A-3. 12:10~12:50 (定員30名)
参考URL「脳を読み取る新型コミュニケーション」
<コースB>
コース名  『Virtual Human-Sensing』
~ VR技術を活用したサービスプロセスの理解・評価・再設計 ~
デモ担当大隈 隆史(人間情報研究部門)
時間割 B-1. 11:40~12:20 (定員10名)
B-2. 12:00~12:40 (定員10名)
B-3. 12:20~13:00 (定員10名)
<コースC>
コース名  『VRを使った人間行動科学』
~ Caveのデモンストレーションおよび映像の生体安全性の研究 ~
デモ担当渡邊 洋(人間情報研究部門)
時間割 C-1. 11:40~12:30 (定員10名)
C-2. 12:00~12:50 (定員10名)
C-3. 12:20~13:10 (定員10名)

(時間割にはシンポジウム会場~見学場所間の移動時間(往復)を含みます)

Top ∆

ワークショップ

テーマ
     AR・MR・VRの標準化:技術の未来と人との共生のために
モデレーター
     持丸 正明 人間情報研究部門 研究部門長
話題提供
話題1:  兵頭 啓一郎 様  コニカミノルタ株式会社
  「ディスプレイを身につけると…—使用者への影響—」
話題2:  坂田 礼子 様  三菱電機株式会社
  「ダイナミックサインによる快適・安全社会の実現」
昨今、プロジェクションマッピング技術やLED光源技術の進化により、空間内にデジタルコンテンツを出力する例が増えている。 多くの場合は広告やエンタメ目的の利用であるが、緊急警告や誘導のためのサインの事例も多い。 こうした新しいサインの提示技術は、状況にあわせた情報提示を可能にし、アニメーション表現によって誘目性や意味理解の促進をもたらす。 より快適な施設や交通環境の形成を目指したサインの適用事例と、サインを用いる場合に配慮すべき事項を紹介する。
話題3:  蔵田 武志  産総研人間情報研究部門
  「PDRのベンチマーク標準化」
(6,934,308 bytes)
話題4:  渡邊 洋 産総研人間情報研究部門
  「映像の生体安全性評価の標準化」
討論

事前参加登録

事前登録の受付は2017/09/22 13:00で終了いたしました。

なお、事前登録されていない方でも当日受け付けしていただくことでご参加いただける場合がありますが、お名前等をご記入いただくなどの手続きのため多少お時間がかかります。

当日受付に関するお問合せは事務局([javascript protected email address])までご連絡ください。

Top ∆