Top > メンバー紹介 > 河内まき子

members

メンバーイメージ 河内まき子 (Makiko KOUCHI)

所属

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
人間情報研究部門
TEL: 03-3599-8194
FAX: 03-5500-5233
E-Mail: m-kouchi@aist.go.jp

履歴

1979年3月 東京大学大学院理学系研究科博士課程 単位修得退学
1979年4月 東京大学助手(理学部人類学教室)
1982年3月 理学博士(東京大学)
1987年4月 製品科学研究所入所。応用人間工学部機械機能課 主任研究官
1993年1月 改組により、生命工学工業技術研究所 人間環境システム部形態機能研究室 主任研究官
1997年4月 生命工学工業技術研究所 人間環境システム部形態機能研究室 室長
2001年4月 改組により、産業技術総合研究所 デジタルヒューマン研究ラボ 主任研究員
2003年4月 改組により、産業技術総合研究所 デジタルヒューマン研究センター 主任研究員
2007年10月 産業技術総合研究所 デジタルヒューマン研究センター 上席研究員
2010年4月 改組により、産業技術総合研究所 デジタルヒューマン工学研究センター 上席研究員
2013年4月 産業技術総合研究所 デジタルヒューマン工学研究センター 招聘研究員
2015年4月 改組により、産業技術総合研究所 人間情報研究部門 デジタルヒューマン研究グループ 招聘研究員
2017年4月 産業技術総合研究所 人間情報研究部門 名誉リサーチャー
以下は併任
1993年7月-1994年4月 通商産業省 生活産業局 文化産業企画官付
1996年4月-1997年3月 生命工学工業技術研究所 企画室長補佐
2001年-2013年3月 東京大学 流動講座 教授

受賞

1992年 日本人類学会Anthropological Science論文奨励賞「足と靴型のアロメトリー」(共著:山崎信寿)
2000年 工業技術院賞「人体3次元形状の分析と利用技術に関する研究」
2001年 Basic Research Award, ISB, 5th Footwear Biomechanics Symposium
"Development of a low cost foot-scanner for a custom shoe making system" (共著:Masaaki Mochimaru)
2005年 SAE Digital Human Modeling 2005 Most Outstanding Small Group Presentation, A KANSEI Model to Estimate the Impression Ratings of Spectacle Frames on Various Faces(共著:持丸正明)
2006年 日本感性工学会大会優秀発表賞「メガネフレームのスタイル適合性の感性モデル」(共著:田中久美子、持丸正明)
2015年 平成27年度日本人間工学会論文賞 「総説論文「人間工学国際規格(ISO)とその最新動向(3)- SC3 :人体寸法と生体力学一」(共著:持丸正明、榎原毅)

研究テーマ

人体3次元形状の分析と応用

人間の立体的なからだの形の情報を、からだにフィットする工業製品の設計に利用することが目的です。解剖学に基づいて人間の立体的なからだの形をモデル化して個人差を分析したり、形態変換技術を利用して2つのからだの形の違いを表す関数を求め、これを使って製品を設計することができます。

足の形の変異

足の形には大きな個人差があり、靴の履き心地を左右する大きな要因のひとつです。サイズによって足の形がどうかわるか、同じサイズでもどのような個人差があるか、ヒールの高い靴を履くと、どのように形が変わるか、性差、人種差、成長による変化など、様々な原因による変異を調べています。

手の形の変異

手で操作する機器はたくさんあります。手の大きさ、プロポーションにも大きな個人差がありますが、同じ機器を他人が使う時どのように感じるかは、なかなか想像できません。これを可能にするためのデジタル・ハンド・プロジェクトで、日本人の手の個人差を統計的に代表するような、代表形態を生成しています。

日本人の時代変化

日本人のからだは、明治時代以後、急激に変わってきました。このため、現在は、世代差をふくめた個人差が非常に大きい大世代差時代となっています。過去100年間に、どこがどのように変わって、その原因は何なのかを、調べています。

人体3次元形状スキャナの精度検証

人体寸法を測るために、非接触式の人体形状スキャナが使われることがあります。形状スキャナで測った人体寸法、ランドマーク位置、体表面形状がどの程度正確であるか、評価する方法を研究しています。

外部への貢献