Top > メンバー紹介 > 本村 陽一

members

メンバーイメージ 本村 陽一 (Yoichi MOTOMURA)

所属(部署名は当時)

独立行政法人 産業技術総合研究所
サービス工学研究センター 大規模データ・モデリング研究チームリーダー兼
デジタルヒューマン研究センター 人間行動理解チーム 主任研究員

履歴

2003   現職(人間行動モデリング,ヒューマンモデリング, 統計的学習, 確率推論)
2001   独立行政法人産業技術総合研究所 情報処理研究部門 主任研究員
(ベイジアンネットによるユーザモデリングなど)
2000   電子技術総合研究所 情報科学部 主任研究官
(ベイジアンネットの統計的学習, RWCプロジェクトなど)
1999   アムステルダム大学 招聘研究員(確率的ロボティクス)
1993   通産省工技院 電子技術総合研究所 情報科学部 情報数理研究室
(確率モデル, 統計的学習, 知能システムなどの研究)
1993   電気通信大学大学院 電子情報学専攻修士了
(階層型ニューラルネットによる学習アルゴリズムの研究)

受賞

2007年   ドコモモバイルサイエンス賞 社会科学部門奨励賞
2007年   人工知能学会全国大会優秀賞
2005年   デジタルコンテンツシンポジウム船井賞(共著論文)
「人間の計算論に基づくデジタルヒューマンコンテンツ ~乳幼児行動の計算論に基づく乳幼児行動シミュレータ~」(西田佳史、本村陽一)
第1回デジタルコンテンツシンポジウム講演予稿集, S2-5(1)-(6), 2005
2004年   セコム科学技術振興財団 研究助成金
「乳幼児事故予防のための知識データベースと事故予測モデル
2002年3月   情報処理技術推進機構(IPA) 未踏ソフトウェア創造事業 平成13年度スーパークリエータ認定
1999年6月   人工知能学会 研究奨励賞受賞
「事情通ロボットによるオフィス環境における知的作業支援」
1998年12月   人工知能学会 ベストプレゼンテーション賞受賞
「データベースからの学習機能を持つ確率推論システムBAYONET」

研究テーマ

サービス工学における受容者の人間行動観測と大規模データからのモデリング

人間行動モデリングのための確率・統計的手法の研究

人間の行動パターンなどを理解し、計算機上で再現できるようにするためにセンサデータやシステムの操作履歴、アンケートなどから得られる大量データからヒューマンモデルを構築し、その上で様々な予測や制御を行う。
[開発しているシステム]
[乳幼児の事故予防(2004赤ちゃん学会)]

ベイジアンネットワークによる不確実性モデリング

不確実な知識を表現するためにベイジアンネットを使ったモデル化と確率推論の研究。これまでの研究成果はソフトウェアとして確立し、現在これを軸にした企業などへのライセンス供与、共同研究という形で産業・社会に直接貢献するよう展開している。
AIST research hot line
[行動計量学会セミナー「ベイジアンネットワーク:入門からヒューマ ンモデリングへの応用まで」(PDF)]
[ニューロコンピューティング研究会チュートリアル資料「ベイジアンネットワーク」](HTML)
[ベイジアンネットソフトウェア:BayoNet]