Top > 研究内容

研究内容

研究チーム

健康増進技術研究チーム

健康増進技術研究チーム

健康増進サービスやスポーツ用品の設計支援を目的として、人の生理・体形・運動機能をモデル化し、日常生活状態で人の健康状態の変化をモニタリングし可視化する技術、日常的に身体を活動させるための技術、これらの健康プログラムを生活に定着させるための技術を研究するとともに、これらの研究基盤となる人間特性と健康状態データを関連づけた健康データベースを構築していきます。

詳細ページへ

生活・社会機能デザイン研究チーム

生活・社会機能デザイン研究チーム

日常生活は身近な現象であるのにも関わらず未解明であり、未だ生活支援の設計論は確立されていません。生活・社会機能デザイン研究チームでは、人間の生活機能と計算機や人工物による生活支援機能とを有機的に組み合わせ再構成することで,人の日常生活をデザイン可能にする技術体系および社会体系を開発する研究(生活機能構成学の研究)を推進します。

詳細ページへ

身体機能中心デザイン研究チーム

身体機能中心デザイン研究チーム

衣服や眼鏡、カメラ、自動車など人が扱う製品を使いやすく・分かりやすく設計するため研究を行っています。人間のかたちや動きを計測し、製品を使う人の「あり得る」かたちや動きをコンピュータ上に再現する研究です。

詳細ページは準備中です

スマートアシスト技術研究チーム

スマートアシスト技術研究チーム

人間の生活行動とその環境および人が利用する物が計算機から 分かれば、その人の意図や習慣に応じた適切なサービスが可能となります。 そこで行動や環境の認識機能、得られた行動や環境のデータベース構築とそれを利用する計画機能について研究し、自律的でディペンダブルなアシスト機能として実現します。

詳細ページへ

傷害予防工学研究チーム

傷害予防工学研究チーム

日本では、1960年代以来、1歳以上19歳までのこどもの死因の第1位は、事故に起因する傷害であり、製品による不慮の事故が社会問題化しています。傷害予防工学研究チームは、不慮の事故に起因する傷害を科学的アプローチによって予防するための科学技術を開発するのみならず、医療機関・関係省庁・産業界と連携をとることで、開発された科学技術が社会から利用可能なように社会システム化することを目標としています。

詳細ページへ

旧デジタルヒューマン研究センターの研究チーム

人を知るデジタルヒューマン

人を知るデジタルヒューマン

人間モデルを構築するのに必要な人間機能の基本構造に関する研究や、それらの機能を統合的にモデル化するソフトウェアプラットフォームの研究を行っています。
特に、人間の心理・認知的機能のモデル化研究に挑戦しています。

詳細ページへ

人を見守るデジタルヒューマン

人を見守るデジタルヒューマン

部屋や環境に配置されたたくさんのセンサによって人間の状態や行動を知り、状態・行動に応じたサービスを提供するための研究をしています。
そのためのセンサ開発や行動モデル化技術の研究を進めています。

詳細ページへ

人に合わせるデジタルヒューマン

人に合わせるデジタルヒューマン

衣服や眼鏡、カメラ、自動車など人が扱う製品を使いやすく・分かりやすく設計するため研究を行っています。
人間のかたちや動きを計測し、製品を使う人の「あり得る」かたちや動きをコンピュータ上に再現する研究です。

詳細ページへ

人を支えるデジタルヒューマン

人を支えるデジタルヒューマン

人間の生活・行動を支える技術としてヒト型ロボット(ヒューマノイド)や音の提示技術などの研究をしています。
ヒューマノイドが、そばにいる人間を見て、認識する技術、安定で高速な二足歩行移動技術などの研究です。

詳細ページへ

人に見せるデジタルヒューマン

人に見せるデジタルヒューマン

CGで仮想的な人物を動かすと、デジタルデータとして蓄えられた人間に関連する様々な情報を直観的に提示できます。
可視化に必要となる人の形状や動きのデータを高速、高精度、低コストで計測する技術や、得られたデータを効果的に可視化するシステムを低コストで開発するための基盤技術を開発しています。

詳細ページへ

Top ∆