Top > 研究内容 > 人に合わせるデジタルヒューマン > 歩行・走行中の足裏の接地面計測

研究内容

歩行・走行中の足裏の接地面計測

[芝浦工業大学 青木義満 助教授(現在 慶應義塾大学 准教授)との共同研究]

概要

指紋照合などのシステムで撮影時に使われる原理を応用し,歩行・走行中の足裏が接地している面を高速度カメラで撮影・計測するシステムを構築した.

撮影環境

歩行路の床面にガラス板を配置し,その側面から光源で照らす.床下から高速度カメラで撮影することで,接地面を観測することができる.

glass_plate.jpg

撮影結果例

特徴断面および計測点に着色し,200Hzの高速度カメラで実験を行った.

入力動画

接地面

検出されたマーカ

Top ∆