Top > 研究内容 > 人に見せるデジタルヒューマン

研究内容

人に見せるデジタルヒューマン

目標とする技術と任務

コンピュータグラフィックスの技術を用いて仮想的な人物を動かし表示することにより、 デジタルデータとして蓄えられた人間に関連する様々な情報(例えば、体型や動作の個人的または 集団的な特徴など)を直観的に提示することができます。 我々の考える人間情報の可視化技術とは、人に関する情報を理解する助けとして機能したり、 人として自然なコミュニケーション・表現の道具としての価値を生み出すものです。 特に、可視化のために必要となる人の形状や動きのデータを高速、高精度、および低コストで計測する技術や、得られたデータを効果的に可視化するためのシステムを低コストで開発するための基盤技術を開発しています。 本研究チームはこの基本路線に沿って、以下の研究開発をその使命と考えます。

【人間情報可視化技術の基盤と産業応用】
生活や作業における動きや行動を仮想的な人物を用いて表示することによって、その取りまく環境を評価したり、 製品の人間工学的な設計に役立てることができます。 このように、人間の行動や動態を解析するためのデータを「観る or 診る」ための技術を開拓します。 具体的には、製品や環境と仮想人間を効果的に同時アニメーション表示する基盤となるソフトウェアやインタフェースの開発技術が挙げられます。

【人間情報可視化のためのデータ獲得】
人間情報の可視化には、人間の形状や動きを精緻に捉えてデータ化する技術が重要となります。 既存の技術では、高品質なデータを計測するには高価な設備と専門的な知識が必要とされ、その用途が限定されてきました。 本プロジェクトでは、最先端のコンピュータ・ビジョン技術を駆使し、低コストで高性能な計測技術を開発する事により、人間情報可視化技術の利用分野の拡大を目指します。

メンバー

研究プロジェクト

人間情報可視化技術の基盤と産業応用

関節運動情報への電子透かし埋め込み

関節運動情報への電子透かし埋め込み

仮想人間の全身運動の表現に不可欠な情報である関節運動情報に対して適用可能な電子透かしの埋め込み アルゴリズムと、最終コンテンツであるCGアニメーション動画像から透かしを検出する技術です。

(担当: 山崎 俊太郎)

対話的操作をともなう人体運動の合成

対話的操作をともなう人体運動の合成

限定された計算時間内で幾何的拘束条件を伴うアニメーションを合成する手法です。ビデオゲームなどの対話的なCGアプリケーションを対象としています。

(担当: 川地 克明)

昇降動作のカテゴリー表示

昇降動作のカテゴリー表示

(担当: 川地 克明)

多人数のキャラクタアニメーション合成

多人数のキャラクタアニメーション合成

一人のモーションキャプチャデータをうまくつなぎ,複数キャラクタが相互にインタラクションする大規模アニメーションを合成します.

(担当: 山崎 俊太郎)

歩行動作の自動生成機構

歩行動作の自動生成機構

複数のモーションキャプチャデータを精密に補間し、任意の歩行パスに対する信頼性の高い歩行動作を生成するシミュレーション技術を民間企業と協同で開発しました。

(担当: 栗山 繁, 赤澤 由章)

事故アニメーションの簡易製作環境

事故アニメーションの簡易製作環境

乳幼児の事故予防を目的とした映像制作のために、人間が振舞う反応動作データを,事故環境の物体データに関連付けて管理する事により,直感的に編集が可能な映像コンテンツの制作環境を提供します.
(人を見守るチームとの共同研究)

(担当: 栗山 繁, 赤澤 由章)

人間情報可視化のためのデータ獲得

超高速度アクティブビジョン

超高速度アクティブビジョン

DLPプロジェクタが持つ高周波ノイズを利用して,3000Hz以上の超高速度で,パターン光投影による形状獲得を実現します.

(担当: 山崎 俊太郎)

投影像を用いた複雑形状の計測

投影像を用いた複雑形状の計測

物体の影を計測することによって,遮蔽や繰り返しの多い複雑構造物の形状を,正確に計測します.

(担当: 山崎 俊太郎)

高精細な頭髪モデルの生成

高精細な頭髪モデルの生成

カメラ撮影が困難な細い構造物を,ボリュームモデルを用いてモデリングします.

(担当: 山崎 俊太郎)

Top ∆