キッズデザインの輪

平成22年度キッズデザイン製品開発支援事業



共創プロジェクトとは
 共創プロジェクトの目的は、1)子どもへの安全性に配慮された製品(キッズデザイン製品)の開発や基準策定等のニーズを持った企業・業界団体、2)分析技術や事故関連データを持った団体、3)研究機関・データ収集機関などが協働することで、キッズデザイン製品開発に必要なデータや分析技術を整備するとともに、他の企業や業界内外で共有・利用できるような一般的な知見を導くことにあります。図1に共創プロジェクトのスキームを示します。

共創プロジェクトのスキーム
図1:共創プロジェクトのスキーム

 共創プロジェクトでは、平成22年5月28日~平成22年6月25日の期間、以下のような企業・業界団体・その他の機関のニーズとそのキッズデザイン製への活用方法に関する提案を募集しました。
      •   企業や業界団体等が、キッズデザイン製品の開発や基準策定等を行う際に必要となるデータの整備や分析技術に関するニーズとキッズデザイン製品・基準策定等への活用方法
      •   大規模な事故関連データを保有している機関が、これらのデータをキッズデザイン製品開発のために活用する際に必要となるデータ分析技術や情報発信技術に関するニーズとキッズデザイン製品開発・基準策定等のための活用方法
 応募があった32プロジェクト(20社・団体)の提案から、有識者の意見を踏まえて、頻度・重傷度・社会的ニーズ・一般知識化の可能性等の観点から審査し、共創プロジェクトの対象を19プロジェクト(15社・団体)採択しました。下表に、採択したテーマの一覧を示します。

提案プロジェクト 申請者
 「チャイルドロック」設計のための子どもの操作能力の調査   特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会 
 家電における、安全安心情報を取り込んだ開発の「しくみ」構築と製品化研究   三菱電機株式会社 
 子育て賃貸住宅評価基準の設定   ミサワホーム株式会社 
 子ども用イスの安全性及び適合性の評価手法の確立   三惠工業株式会社 
 自転車の挟まれ事故(スポーク外傷)の防止に関わる子供の身体データ及び動作の評価、解析   株式会社ブリヂストン 
 自転車走行中における転倒事故防止に関わる子どもの身体データ及び動作の評価、解析   株式会社ブリヂストン 
 自転車停止中における転倒事故防止に関わる子供の身体データ及び動作の評価、解析   株式会社ブリヂストン 
 散歩車(および避難車)の安全性調査   株式会社フレーベル館 
 次世代エスカレーターに向けた要素技術研究   東日本旅客鉄道株式会社
JR東日本研究開発センター 
 子供向け屋内遊戯施設における遊具の安全推進プロジェクト   株式会社イオンファンタジー 
 遊具の安全性を高めるための衝撃吸収特性に関する調査   大永ドリーム株式会社 
 隙間・穴に対する安全基準やチェックリストの作成   株式会社INAX 
 角・稜線に対する評価方法の策定及び安全基準やチェックリストの作成   株式会社INAX 
 事故未然防止・商品開発時の基盤となる子どもの行動特性データの蓄積   株式会社INAX 
 角等の性状に関する衝突安全性評価方法の研究   住友林業株式会社
住友林業クレスト株式会社 
 子どもの転倒時のデータ収集と、衝撃吸収性能を備えた床における転倒衝突時の子どもへの影響についての検証   永大産業株式会社 
 人間工学に基づく危険が伝わるデザイン及び注意表示のガイドライン作り   株式会社ベネッセコーポレーション 
 日本小児科学会雑誌Injury Alert事例の分析   社団法人日本技術士会 
 保育所・幼稚園における遊具による事故の分析   独立行政法人 日本スポーツ振興センター