人を支えるデジタルヒューマン

>> English

人のかたちや運動などの機能をコンピュータ上に再現するだけでなく、実空間に再現するのがヒト型ロボットです。 デジタルヒューマンの究極の実体化と言えます。 ここでは、人のように安定して動き回り、ものを掴んだり,人間を認識して人間の生活や行動を支えるヒト型ロボット(ヒューマノイド)の実現に向けて、さまざまな研究を行っています。 (1)ヒューマノイドの自立性を高めるための技術開発、 (2)人の運動をモデル化することによってヒューマノイドの動きを効率よく安定なものにするための研究、 (3)ヒューマノイドが人を認識し、人に働きかけるための技術開発を進めています。




デジタルヒューマンモデルの提示・実現ヒューマノイドロボット 実環境自律行動及び全身運動研究用ヒューマノイドJSK-H7
ヒューマノイドロボットの三次元オンライン歩行 三次元視覚処理に基づく実環境認識
ビジュアルオドメトリを用いた三次元環境復元からの歩行足跡計画 ヒューマノイドロボットのモーションプランニング
Development of A Mobile Robot System 複数の環境観測と既知モデルの距離画像からの相関演算による物体検出
移動ロボットのマイクロフォンアレイによる複数音源の位置同定・分離 超多チャンネルスピーカアレイによるサウンドスポット形成
大規模壁面スピーカアレイ音焦点形成 薄膜感圧導電ゴムを用いた高速分布圧力センサの開発
移動画像からのパーティクルフィルタを自己位置同定と小障害物発見