人を知るデジタルヒューマン

>> English

人間モデリングチーム

任務とポリシー

ヒトにまつわる現象をよく再現・予測する、数学的な人間モデルの研究開発を進めています。

  • 【学際性】自分の専門にとらわれない。 形態学・力学・知覚心理学・認知心理学などの知見を融合する。
  • 【新規性】過去の事例の真似をしない。 斬新なアイデアで事象をとらえる。
  • 【有用性】シンプルに考える。     簡単な操作で、意味のある命題を引き出せる。
という特長を備えた人間モデルの構築を目指しています。
研究プロジェクト
健康人間模型

健康のための生理心理デジタルヒューマンモデル
お問い合わせ:三輪洋靖)

Motion Chopper 間違えるデジタルヒューマン: 人間らしく操作エラーを起こして、装置の使いにくさを調べます。
(お問い合わせ:中田亨)
烏焉の誤

ヒューマンエラーとマネジメント

(お問い合わせ:中田亨)

Motion Chopper 人間動作の認識: 人間の身体動作を区切って、何をしているか言い当てます。
(お問い合わせ:中田亨)
 
Informatical Ergonomics 情報理論ユーザビリティ工学: リモコン操作具の無駄・不足を理論で割り出します。
(お問い合わせ:中田亨)
メンバー

Copyright (C) DHRC, All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
Last Modified; January 28 2005 17:28:55